五島の教会を知る:浦頭教会-ノアの箱舟を模した白亜の教会

長崎県五島市平蔵町にある浦頭教会。白亜のモダンな姿が印象的。ノアの箱舟をイメージして建てられたそうです。聖歌のコンサートなども行われ地域一帯の中心的役割を果たす教会です。

浦頭教会

こんにちは、さんごです。
(*’ω’*)

2014年の初夏、
夫婦で長崎県五島の教会を巡りました。

今回は、
五島市平蔵町の、
浦頭教会です。

浦頭(うらがしら)教会

歴史と旅レポ

浦頭教会は、
長崎県五島市平蔵(ひらぞう)町にあります。

浦頭教会

1888年(明治21年)
浦頭の地に初代教会が建てられました。

1921年(大正10年)
2代目の教会が、
教会建築の名工鉄川与助の
設計、施工により完成。

そのころは平蔵(ひらぞう)教会と、
呼ばれていました。

1950年(昭和25年)
近郊からミサに集まる信徒たちが、
教会に入りきれなくなったため、
大幅な増改築工事がおこなわれています。

現在の浦頭教会は、
1968年(昭和43年)に、
集落の高台に場所を移し、
建設されました。

五島宣教の中心だった堂崎教会の老朽化や、
交通機関の変化も伴い、
今では浦頭が、
一帯の中心的な教会となっています。

浦頭教会

現在の教会は、
比較的新しいものではありますが、

この白亜のモダンな姿は、
五島の教会建築には珍しい形ですね。
(゜o゜)

これは、
旧約聖書のノアの箱舟を、
イメージしたものだそうです。

とはいうものの、

教会の敷地にいると、
全貌が写真に納まりません。

なので、
五島市観光協会さまのHPより、
こちらの写真をお借りしました

浦頭教会

ノアの箱舟って、
こんなイメージなんですね。
(*´ω`*)

中は、
外観から分かるように、
天井がとても高く、

天井近くの小さな丸い窓は、
内側から見ると、
赤と青緑のお花模様。

シンプルでお洒落な内装です。

※教会の聖堂内部は原則的に撮影禁止のため写真はありません

近年は、
浦頭教会を会場に、
市内の音楽愛好家や信徒による、
聖歌のコンサートなども行われています。

季節やイベント時の
イルミネーションやライトアップは、
とても美しいそうですよ。
(・o・)

うーん、
ぜひ見てみたい。

( *´艸`)

入場料と時間

◆入場料:無料
※献金箱にご寄付をお願いします

◆見学時間:9:00~17:00
※ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります

◆休館日:なし
※都合により閉まっている場合もあります

アクセス

◆住所
〒853-0051
長崎県五島市平蔵町2716

◆連絡先
浦頭教会
TEL 0959-73-0072

◆ホームページ
カトリック浦頭教会

◆アクセス
福江港から約6km
車:福江港→10分
五島バス(樫ノ浦行、戸岐行き):福江ターミナル→浦頭12分→ 徒歩1分

駐車場:有り

教会を訪れる時のマナー

教会は観光施設ではありません。カトリック信者の方々が、日々大切に守り、ミサにあずかり、洗礼式、結婚式、葬儀など日常生活の中で信仰を生きている“神聖な祈りの場”です。教会を訪問される方も、教会の中では“観光”というより、“巡礼”なのだという気持ちで訪れていただき、より深い“あなただけの時間”を過ごしてほしいと思います。


五島の島たび by 五島市観光協会

こちらも参考になります→巡礼の知識

旅あるある

大きめの交差点の信号機には、
交差点の名前が書いてありますよね。

その土地の名前が、
なんとなく分かって面白い。

最近は、
日本語名の下に、
ローマ字でも表記があるので、

日本語名を、
こうだろうと思って読んでいたのが、
ローマ字を見て、

へぇ~、
ぜんぜん違うじゃん、

と発見することも、
多くなりました。

それも楽しみのひとつです。
(*´ω`*)

ただ、
助手席の人間が読むぶんにはいいけれど、
運転席のほうが、
一生懸命読もうとすると、

あぶない。

やめましょう。
( ̄▽ ̄)

コメント

タイトルとURLをコピーしました