白いトートバッグにデニムの色がついた!液体洗剤よりブルークリンがおすすめです

スポンサーリンク
ブルークリン

白いものって汚れると気になりますね。持ち歩いている間にGパンにこすってデニムの青がついてしまった白いトートバッグ。ショックです。すっかりキレイに落ちたのは20年前に使っていたうわぐつの汚れ落としブルークリンのおかげでした。

*-*-*-*-*

こんにちは、さんごです。

トートバッグ好きです。

特に白い綿や麻のバッグ。

夏にはいいですよね~。

トートバッグ

たくさん入る、
軽い、
デニムなコーデに合う。

ところが、
ふと見ると、
大好きな白いバッグに、

青い色が!?

トートバッグ

(写真では薄いんですが)
(実物ではけっこう青い。。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トートバッグにGパンの青色が

このうっすらついた青い色。

想像するに、
たぶん、
Gパンの色です。

バッグを担いだとき、
ちょうどGパンの腰の辺りに当たる部分が、
広範囲に青くなってる感じ。

トートバッグ

デニムの染め色が、
こすれてついたのですね。

洗濯機はダメだった

実は、
別のトートバッグに色がついた時、
洗濯機で洗ったことがあります。

でもたいして落ちませんでした。

代わりに、
バッグのロゴプリントが、
ちょっと薄くなってしまいました。

それ以降、
バッグは絶対手洗いです。

液体洗剤はややこしい

次に洗った時は、
もちろん手洗いしたのですが。

洗うのに、
液体洗剤を使ってみたのです。

液体洗剤

服についたシミなどを、
しっかり落とすための、
液体洗剤。

よく使っています。

ただ。

この手の強力洗剤は、
塩素系やら酸素系やら、

使い方が
むずかしいですよね。

これを使うと、
シミ以外の場所が赤くなる。

あれを使うと、
変なところが黄色くなる。

困ります。

私が消したいのは、
デニムの色だけ。

ブルークリンを発見

洗面所の下の洗剤倉庫に、
頭を突っ込んで探してみたら、

こんなものを見つけました。

ブルークリン

「ブルークリン」

がんこな汚れ専用、です。

スニーカーを洗うイラストが
描いてあります。

その昔、
わが子の学校のうわぐつを、
これで洗っていたのを
思い出しました。

ブルークリン

厚手の布の、
がんこな汚れを落とすなら、
これがいいかもしれません。

ブルークリン

大成合洗という会社の製品です。

用途:綿・麻・合成繊維用
液性:弱アルカリ性
成分:界面活性剤など

中身はこのような固形石けんです。

ブルークリン

ブルーですね~。

相当年季が入ってます。

(なにしろ20年前)

では使ってみましょう。

ブルークリンでスッキリ♪

まずバッグを濡らします。

バッグのシミ取り

色が付いている部分を、
ブルークリンでゴシゴシ。

バッグのシミ取り

しっかりゴシゴシ。

バッグのシミ取り

ゴシゴシの跡が青いのは、
デニムのシミの色ではありません。

ブルークリンの青なので、
大丈夫。

そして、
流水で洗います。

バッグのシミ取り

手でこすって、
石けんを落とします。

キレイになりました。

でもここで、
作業を止めてはいけません。

汚れていなかったところを、
濡らさないままで乾かしてしまうと、

バッグのシミ取り

この波打ち際が、
くっきりシミになって残ります。

(体験済みです)

なので、
最後に必ず、

バッグのシミ取り

全体をムラなく濡らします。

そして、
ギュギュウと絞り、

バッグのシミ取り

干します。

バッグのシミ取り

(お風呂場に干しました)

さて、
乾いたのでシミをチェック。

バッグのシミ取り

とってもスッキリ!

キレイに、
ムラなく、
白く戻りました。

ブルークリンすごい♪

ブルークリンに代わる石けんは?

20年ぶりに思い出した石けんで、
お気に入りのトートバッグが、
簡単にきれいになりました。

よかった。

ところで、
今回この記事で、
ブルークリンをご紹介したわけですが。

ブルークリンの入手方法も、
紹介しようと思い、
ウェブを検索してみたら、

ない。

ないのですよ。

大成合洗の「ブルークリン」
という商品はみつけられませんでした。

さすがに、
20年も経つと、
なくなったりもしますよね。

うーん、残念。

ということで、

同じような用途に使える、
固形石けんを探してみました。

ウタマロ⽯けん

 

激落ちくん 洗濯石けん

 

アタック プロEX 石けん

 

ブルーキー

 

横須賀 ブルースティック

 

いろいろありますね。

使い方や効果は、
ブルークリンとどれも同じです。

ブルークリンが使えなくなったら、
どれか試してみますね。

スポンサーリンク

まとめ

トートバッグに、
デニムの色が写ってしまうとは。

小物をたくさん入れて、
じゃらじゃら重くなると、
よけいGパンとこするんですよね。

それを気にして、
白いトートは持たないとか、
濃いデニムをはかないとか、

それはちょっと残念です。

でも、
洗ったらスッキリ戻る!

これからも、
好きなGパンと、
好きな白いトートで、
闊歩します♪

トートバッグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました