ポンプボトルのクリームを最後まで使い切る!本のしおりでゲタを作ったら25回分でました♪

ポンプボトルって便利ですね。日焼け止めクリームも片手で出せます。でも。中身を最後まで出せないのが悔しい。だったら逆さにして中身を出しましょう。上手に出し切るために「本のしおり」が役に立ちました。25回分もゲットできましたよー。

ポンプボトルの残り

こんにちは、さんごです。
(*’ω’*)

ポンプボトルの商品って、
最後まで使い切るのは、
むずかしいですよね。

詰替え用の商品があれば、
使い切らなくても、
上から足せばいいんですけどね。

(゜o゜)

私のお気に入りの、
無印良品の日焼け止めクリーム。

ポンプボトル

ポンプボトルしか、
販売されていません。

ポンプがスカッスカッとなっても、
きっとまだ、
中身は残っているはず。

もったいないから、
全部使いたいっ!

( `ー´)ノ

※無印良品の肌に優しい日焼け止めミルクの記事はこちら

逆さにしてみた

ポンプで吸い上げられなくなったので、
中を覗いてみました。

ポンプボトルの残り

うーん。
ぜんぜん見えない。

(・_・)

では逆さにしましょう。

うまく出てきてくれ。

さて、
残っている量は、
こんくらいかな~と、

小さめの容器を準備。

ポンプボトルの残り

ボトルを逆さにして、
ポコッと。

ポンプボトルの残り

ひと晩こうやって、
立たせておきました。

(*’ω’*)

そして翌朝。

さてどうかしら?

ポンプボトルの残り

あん?

ポンプボトルの残り

容器には、
ちょこっと付いてるだけ。

あ、

そりゃそーだ。

ボトルの口が、
容器の底にくっついてるんだもん、

容器に溜まるわけ、
ないじゃんね。

(考えが浅はかだったー)

(><)

ゲタをはかせる

容器に溜めようと思ったら、

ボトルの口を、
容器の上の方で固定せねば。

ポンプボトルの残り

うーん。

どうやって、
ボトルにゲタをはかせる??

(゜o゜)

ポン!

(左手の平に右グーでハンコ押した音)

厚手の紙を巻いて、
ゲタにしよう。

٩( ”ω” )و

本のしおり

コピー用紙も、
新聞のチラシも、
薄すぎてゲタにはならず。

菓子箱や、
ティッシュの箱だと、
厚すぎて切ったり貼ったりしにくい。

なーんかないかなー、
と部屋中うろうろしていたら、

見つけました。

(‘ω’)ノ

本のしおり。

しおり

このしおりを、
上げたい高さに合わせてカット。

ポンプボトルの残り

丸めてテープで止めます。

サイズは、
ボトルの肩より、
ちょっと小さめ。

でも容器よりは大きめ。

こんな感じです。

ポンプボトルの残り

(*´ω`*)

容器を囲むように、
しおりで作ったゲタを置いて、

その上に、
ボトルを逆さまにセット。

ポンプボトルの残り

さてさて、

どのくらい落ちて来るかな~。

( *´艸`)

意外にいっぱいある

ひと晩置いておいて、
翌朝見ると。

(゜o゜)

ポンプボトルの残り

お!

溜まってますー!

ヽ(^。^)ノ

ちょっとゲタを、
のけてみましょう。

ポロっ。

ポンプボトルの残り

ありゃ。
垂れちゃいました。

(;^ω^)

でも、
けっこういっぱい溜まってますよ。

すごーい!

(・o・)

ボトルの中には、
まだ中身が残っていそう。

ということで、

もう一個容器を準備。

ポンプボトルの残り

これもゲタをはかせて、
ひと晩放置しました。

ポンプボトルの残り

(*´ω`*)

翌日。

ポンプボトルの残り

わわ。

2個目も、
けっこう溜まりましたね。

どんだけ残ってたんだ。

(@_@)

さすがに、
ボトルの方は、
空っぽになったようです。

ポンプボトルの残り

うんうん。

こりゃスッキリ。

ここまで出し切ったら、
満足です♪

(*^^)v

なんと25回分も!

さて、

ポンプがスカスカ言って、
もう出なくなったあと、

これだけの中身が、
出てきました。

ポンプボトルの残り

けっこういっぱい、
残っていたね~。

( *´艸`)

この日から、

毎朝の日焼け止めクリームは、
この容器の中身を使いました。

一日一回。

そして本日、
この状態に。

ポンプボトルの残り

( ̄ー ̄)

さて、
何回使ったでしょう?

(・o・)

なんと、

なんと、

25回ですっ!

( `ー´)ノ

すご過ぎ。

捨てなくてよかった~。

(*´ω`*)

ゲタを作る時のコツ

ゲタを作る時には、
こんなところを気をつけました。

「容器の口と逆さにしたボトルの口が、
ほぼ同じラインにくるように調節する」

こうすると、
容器ギリギリまで中身が落ちるけど、
ボトルの口があるので、
溢れ出すことはないです。

(‘ω’)ノ

もう一つ。

「ゲタの直径は容器をぴったり囲む大きさにする」

最初、大きめの径にしたら、
ゲタの中で容器が動いて、
ボトルの口とずれてしまい、

落ちた中身が容器の端っこに、
垂れてしまいました。

(´・ω・)

なので、
ゲタと容器はピッタリと。

ポンプボトルの残り

まとめ

残っているものは、
ちゃんと使い切ってしまいたいですね。

ボトルを逆さにするのは、
当たり前の発想でした。

でも、
少し浮かせないと、
中身は取り出せないんだな。

今回は、
紙を使って、
ゲタをはかせて出しました。

加工しやすく、
ほどよい厚みの紙。

本のしおりは、
ぴったりでしたよ。

(*^^)v

要らないしおりがあれば、
試してみてください。

(テープをはがして)
(元通りに伸ばせば)
(またしおりとして使えるよ)

(使わない?)

(*’ω’*)

ポンプボトルの残り

それにしても、

たったこれだけのことで、
25回分もの日焼け止めクリームが、
使えるとは。

25回分といっても、
私の使用感ですけどね。

(^^;)

あ、そうかー。

2個の容器に入れた時に、
グラム数を測っておけばよかった。

そしたら、
中にどれだけ残っているか、
はっきり示せたのですね。。

残念。

(T_T)

そこはまたそのうち。。

さて、
まだまだ暑い日々、
日焼け止め塗って、
遊びに行こー!

٩( ”ω” )و

Life
スポンサーリンク
さんごスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました