【母にできること】娘のための7つの嫁入り道具

娘が結婚することになりまして。入籍に際して母から渡したいものを揃えました。母子手帳、新しい名字のはんこ、弔事用セット。お金の本、子ども頃の写真やビデオ映像も。7つの嫁入り道具が何かの役に立ってくれればいいなあ。

印鑑

ずいぶん前に、
独り立ちをして、
家から離れている娘がいます。

ご縁があって、
このたび、
結婚することになりました。
(*´ω`)

すでに相手の人と、
一緒に暮らしているので、
どうしても必要な家財道具などは、
ないようです。

私たちの頃は、
(えーっと)
(昭和50、60年頃です)

嫁入り道具と言えば、
婚礼箪笥、
(洋と和の2種類とか)
婚礼布団、
(分厚い絢爛豪華なやつとか)
裁縫箱、
(ほんとですよ)
などが、
当たり前でしたがね。
(@_@)

もちろん娘は、
箪笥も布団も裁縫箱も、
要らないようです。
( ̄▽ ̄)

でも、
母としては、
結婚に際して、
渡しておきたいものがある。

揃えてみたら、
7つになりました。
(*’ω’*)

1.新しい名字のはんこ
2.弔事に必要なもの
3.母子手帳
4.写真とビデオ記録
5.お金と社会常識の本
6.健康の本
7.これらを入れておくバッグ

新しい名字のはんこ-実印と認印-

入籍すると、
娘の方が名字を変えます。
(昨今は)
(いろんなパターンが)
(あるでしょうが)

役所の手続きや、
職場などで、
すぐに新しい名字のはんこが、
必要になるはず。
(私の時もそうだった)
(・_・)

もちろん、
自分で作ればいいことですが、
まあ、
母が作って、
持たせようかなぁと。
(*’ω’*)

店舗のはんこやさんに、
行ってみましたが、
すごーく厳めしいはんこや、
すごーく高いはんこばかり。
(゜-゜)

もうちょっと、
女性らしい、
可愛いのがないかと、
ネットで探しました。
(‘ω’)

まずは、
実印、銀行印用のはんこ。
(‘ω’)

印鑑

素材は彩樺という木です。
初めて見ました。
自然な風合いで、
赤が可愛い。
(*´ω`*)

実印、銀行印は、
大事なはんこですから、
姓と名のフルネームです。

文字は印相体。

複雑で読みにくいですが、
そこが大事?らしいですよ。
(・o・)

次は、
職場などで使う認印。

印鑑

素材は、
ポリエステル系樹脂。
12mmサイズです。

日常使いなので、
見て可愛いものにしました。
(*´ω`*)

文字は隷書体。
名字のみです。
こちらは読みやすくなくちゃね。

ということで、
嫁入り道具1つ目は、
新しいはんこたち。

印鑑

弔事に必要なもの

私が結婚して、
1年たたないころ、
祖母が亡くなりました。

慌てたのが、
喪服や数珠がないこと。

ふくさもない。
というか、
何を持っていけばいいのかも、
ピンとこず。
(´・ω・)

こういうことは、
準備するという感覚が、
あまりないですよね。
特に若い頃は。

急な物入りで、
バタバタしないように、
小物だけでも、
持たせてやろうと思います。

数珠とハンカチ

数珠と黒いハンカチ。

宗派など、
いろいろあるんでしょうが、
無難なものを、
1本持っておけば。

これもネットで注文しました。

房の部分が、
切りっぱなしではなく、
丸くなっているタイプです。
可愛いでしょ。
(*^_^*)

これだと、
房に折りシワができずに、
いつでもきれいに使えます。
(*^^)v

黒いハンカチは、
案外忘れちゃうものなので、
こちらも1枚、
入れておきます。

そして、
慶事用と弔事用のふくさ。

ふくさ

あと、
弔事と言えば、
喪服です。

本当は、
喪服こそ、
嫁入り道具として、
持たせたいところなのですが。

いつ着ることになるのか、
分からないものですよね。

1年後か、10年後か、もっと先か。

その時によって、
年齢も体型も流行も、
違います。
(@_@)

なので、
今は買わずに、
「喪服用」の資金だけ、
封筒にちょびっと。
( ̄▽ ̄)

ただ、
真珠のネックレスだけは、
見繕ってあげたい。

実は、
私の嫁入りの時も、
母からもらったのです。

冠婚葬祭、
いつでも安心して使えます。

とても役立つので、
娘にも。

真珠のネックレス

シンプルで、
優しい色合いの、
Happy Candle
1粒真珠のネックレス。

真珠は、
実物を見て決めたかったので、
お店を見て回って、
見つけました。

シンプルな真珠のネックレスって、
あまりないんですね。

とりあえず、
これがあれば、
急場は凌げる。
(^^)v

母子手帳

母子手帳

本人の母子手帳も、
持たせることにしました。

今風疹が流行っていますよね。
妊娠前に、
予防接種をしているかどうか、
知らない女性が多い、
というニュースを見ました。

こりゃいかん。
教えておかなければ。

いやいや。
本人が、
これを持っていれば、
いいのだわ。

風疹に限らず、
何かこの先のために。

写真とビデオ記録

昔は、
印刷した写真を、
アルバムに貼っていましたね。

私が結婚するときは、
こっそり何枚か、
剥がして持っていきました。
( ̄▽ ̄)

今は、
写真はデータが便利。

とはいえ、
娘が生まれた30年前は、
まだまだ印刷オンリーでした。

1人娘なので、
そりゃそりゃいっぱいの写真が、
30冊以上ものアルバムに、
貼ってあります。
(*´ω`*)

そこから、
気に入った写真を、
1枚はがしては、
スキャナーでスキャン。
そしてまた、
アルバムに戻す。

ああこれはあの時の。。。
うんそうそうこんな日もあった。。
おー可愛いぞお。。

めくればめくるほど、
可愛くて、
懐かしく、
愛おしい写真たちが。
( *´艸`)

気づけば、
生後~高校1年までで、
240枚の写真集が、
できあがっていました。
(我ながらスゴイ)
(でも)
(楽しかった)

スキャンデータは、

USB

USBメモリに保存。

(こーんなちっこいメモリは)
(いつかどこかに紛れてしまいそう)
(なので)
(USBメモリを入れておく)
(毛糸の袋を編みました)
(存在感でたかな?)
( ̄ー ̄)

ところで、
子どもの頃の記録と言えば、
ビデオ。

今はデジタルですが、
昔はビデオテープで録画しました。

できたらそれも、
持たせてやりたい。

もちろん、
テープもらっても、
困るでしょうね。
(゜o゜)

今は珍しくなった、
ビデオデッキを借りてきて、
テレビに繋ぎ、
撮り溜めたビデオテープを再生。

再生しながら、
レコーダーに取り込みまして、
それを今度は、
DVDに焼く。

ものすごく、
時間がかかりました。
(だってビデオテープいっぱい)
(しかも)
(1倍速ダビングしかできない)

でも、
娘の子ども時代の姿は、
何度見ても飽きないわけで。
(*´ω`*)

なんとか、
DVDも、
できあがりました。

写真とビデオ映像

ちなみに、
テレビで再生したものを、
レコーダーで録画したら、
できあがった映像データが、
VOBファイルでした。
(ファイル名の拡張子が.VOB)

このファイル形式では、
PCで再生するのに手間が要るので、
念のため、
VOB→MP4ファイルに、
変換しておきました。
(これがまた)
(アプリを探したりなんだりで)
(大騒動したという)

ひとりで四苦八苦、
騒動しましたが、
昔のビデオテープも、
あれこれ頑張ってみたら、
なんとかなるもんですね。
( ̄▽ ̄)

お金と社会常識の本

はんこ、
弔事に必要なもの、
母子手帳、
写真とビデオ記録。

さてこのほかに、
何かいざという時に、
慌てないでいいように、
持たせておいた方がいいもの。

あるかしら?

ああ。
そうだ。
お金の基本の本。
(@_@)

お金の基本

税金、
社会保障、
生命保険や各種保険、
貯蓄のこと、
投資やローン。

冠婚葬祭の礼儀、
社会のしくみ、
などなどなど。

知っていた方がいいのに、
あんまり知らないことを、
知るための本。

今の時代、
分からないことは、
ネットで調べればいい。

とは思うけど。
(゜o゜)

存在を知らなければ、
調べることもできないから。

いつか、
必要となる時が、
来るかもしれないから。

この本読まなくても、
知ってるのかもしれないけど、

親として、
あんまりちゃんと、
社会のことを、
教えてあげられなかったなあと、
思うから。

なんか、
そういう、
親の気持ち。

健康の本

遠く離れていても、
いつだって、
元気かどうか心配です。

ずっと育ててきたから、
子どもの健康は親の責任、
それが、
当たり前だった。

でももう、
娘は別の家族を持ち、
その家族の健康を、
心配する人になる。

元気なの?
体冷やしたらダメよ。
ちゃんと食べなさい。
肌の調子は大丈夫?

そう言って、
子どもに構うのも、
もう控えねば。。
(ああ寂しい)

なので、
せめて、
健康の本を。

疲れない体をつくる免疫力

健康の本って、
星の数ほどありますね。

私は健康オタクなので、
あれこれたくさん読んでまして。

やっぱり、
大事なのは、
免疫力でしょう!
( `ー´)ノ

と勝手に思っているので、
これを忍ばせました。
( ̄▽ ̄)

まあ本当は、
なんでもよいのです。

健康に、
気をつけてくれればね。

これらを入れておくバッグ

思いつくものは、
すべて揃えました。
(^^)v

並べてみると、
大小いろいろ、
ごちゃごちゃと。
(@_@)

これらの入れておく、
収納バッグが要りますね。

ここまで来たら、
一揃いをバッグに入れて、
すっきり渡したい。

全部入って、
かさ張らず、
収納しやすくて、
持ち運びやすい。

そして、
開けたら、
必要なものが、
パッと探せる。

そんなバッグを、
探しました。
(‘ω’)ノ

見つけたのがこちら。

PCキャリーケース

PCのキャリーケースです。
薄くて、
かさ張らず、
丈夫で強い。

PCキャリーケース

収納できる取っ手付き。
持ち運びも簡単です。

PCキャリーケース

内側は、
緩衝材が張ってあり、
もこもこしているので、
中の道具が、
偏りにくい。

さらに、
ファスナーで、
フルオープンだから、

PCキャリーケース

入っているものが、
一目瞭然!
(^-^)

我ながら、
いいもの見つけたわ~、
と、
ひとり悦に入っております。
( ̄▽ ̄)

子離れのためのひとときでした

ああ、
そうだった。
うんうん、
こうだった。

嫁入り道具を、
揃えながら、
子育てを、
懐かしく、
振り返るひととき。

全部揃うまでの、
2週間くらい。

できあがった今、
このバッグごと、
育てた時間が、
過去になっていくのを感じます。

別に、
嫁入りだけが、
自立ではないんだけどね。

なのになぜか、
区切りを感じる母です。

このひとときは、
母のための、
子離れの時間、
だったのかな~。

旦那さまと仲よく幸せな人生を歩いていってね。

^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました