五島の教会を知る:嵯峨島教会-丘の上から島を見守る和風の教会

長崎県五島福江島の西に浮かぶ小さな嵯峨島に教会があります。日本家屋のような木造の建物と内装。集落の人々が信仰のために守り続けてきた嵯峨島教会です。

嵯峨島教会

こんにちは、さんごです。
(*’ω’*)

2014年の初夏の、
長崎県五島の教会巡り。

今回は、
船で海を渡りました。

嵯峨島(さがのしま)の 嵯峨島教会です。

(*´ω`*)

嵯峨島(さがのしま)教会

歴史と旅レポ

嵯峨島は、
三井楽町貝津の西4kmに浮かぶ、
2つの火山からできた島です。

かつては、
遠島された流人の流刑地であり、
平家の落人の島でもあったそうです。

1797年(寛政9年)以降、
大村藩から逃れてきた潜伏キリシタンが、
この小さな島にも住み着きました。

1888年(明治21年)
小聖堂が建てられ、

1918年(大正7年)、
信徒が多く住む竹原集落に、
木造の現教会を完成させました。

現在嵯峨島教会では、
三井楽(みいらく)教会から、
月に2回司祭が巡回し、
ミサが行われているそうです。

(*’ω’*)

嵯峨島教会を訪れるためには、
三井楽町貝津港から船に乗ります。

嵯峨島教会

嵯峨島港に到着すると、
港から丘の上の教会と鐘楼が見えます。

嵯峨島教会

歩いて教会へ。

嵯峨島教会

丘を上がってくると、
眼下に海が広がります。

嵯峨島教会

そして、
教会に到着です。
(*´ω`*)

嵯峨島教会

和風で可愛いですね。

教会内部は、
祭壇に掲げられたキリストの両脇に、
小さなステンドグラスがあり、
青と黄色の光がほんのりと。

壁は白く、
茶色の柱が両側に立っていて、
室内も和風な雰囲気でした。

※教会の聖堂内部は原則的に撮影禁止のため写真はありません

1周12kmくらいの小さな島に、
ずっと守られ続ける教会がある。

島の人々にとって、
大事な大事な場所なのですね。
(*’ω’*)

嵯峨島は、
西海国立公園にあり、
2つの山(男岳、女岳)に登ると、
素晴らしい景色をみることができます。

千畳敷や海蝕崖など、
みどころスポットも多いので、
船に乗って、
訪ねてみてください。

( ^^) _旦~~

アクセス

◆住所
〒853-0611
長崎県五島市三井楽町嵯峨島

◆連絡先
嵯峨島教会
TEL 0959-84-2099

◆アクセス
定期船:三井楽貝津港→嵯峨島港まで15分→徒歩10分

定期船「さがのしま丸」
料金:片道460円、往復880円(2日間有効)
嵯峨島旅客船:TEL 0959-84-2785

教会を訪れる時のマナー

教会は観光施設ではありません。カトリック信者の方々が、日々大切に守り、ミサにあずかり、洗礼式、結婚式、葬儀など日常生活の中で信仰を生きている“神聖な祈りの場”です。教会を訪問される方も、教会の中では“観光”というより、“巡礼”なのだという気持ちで訪れていただき、より深い“あなただけの時間”を過ごしてほしいと思います。


五島の島たび by 五島市観光協会

こちらも参考になります→巡礼の知識

旅コラム

海や山の多い、
自然豊かな場所で、
ずっと暮らしていらっしゃるお年寄りは、

皆さん一様に、
お元気ですよね。
(゜o゜)

畑仕事をしていたり、
漁の道具を修理していたり。

お歳を聞くと、
90才を越えていたりして、
ものすごく驚きます。

健康長寿の秘訣は、
なんでしょうね。
(@_@)

自然と共存すること?
のんびり時間を過ごすこと?
便利なものに頼らないこと?

今からでも、
間に合うかな~。
(゜o゜)

コメント

  1. […] 【長崎五島】教会巡り:小さな小さな島に立つ嵯峨島教会長崎県五島福江島の西に浮かぶ小さな嵯峨島に教会があります。日本家屋のような木造の建物と内装。集落の人々が信仰のため […]

タイトルとURLをコピーしました